名刺における片面印刷と両面印刷について

名刺の印刷には大きく分けて二つの種類の方法があります。
片面か両面かなのですが、これはその名刺に載せる情報量によって状況が異なります。
片面の場合は基本的は情報のみを掲載する場合です。
この利点は片面に情報を集約することで一目で自身の情報を伝えられるというメリットがあります。
さらに両面の時と比べてコストが安いという点もあります。
そして両面の場合のメリットは片面では伝えきれない情報を掲載できる点です。
例えば企業の案内地図を掲載する場合は片面だけでは不足いてしまいますので、その際は両面にした方が良いでしょう。
両面印刷にした場合の注意点は紙質です。
紙質によっては裏側に写ってしまう場合もあり、反対に見栄えが悪くなってしまいます。
ですので紙質はできるだけ厚紙を利用した方が良いでしょう。
特に写真を掲載する場合はロゴなどが箱押しの場合は注意が必要です。
ただ厚紙にすると反対側に写りにくくなる代わりに、保存が難しくなる場合もあります。
たいていの方は名刺をケースやファイルに保存したりする場合が多いので、これらは標準のものをベースに作られています。
ですのでその辺りのバランスも考慮する必要があります。